きっしいのオムライス日記

[以前のオムライス日記 ]
[トップページへ戻る ]

今年は、31個食べました。




オムライス食べ歩き全国47都道府県制覇 !


 3月20日(月・祝)、21日(火)岡山で、オムライス食べてきました!

 

いらっしゃい亭@岡山 31
ufuufu@岡山 30
旭軒@岡山 29

読売テレビ「誰だって波瀾爆笑」 


 2017年3月18日(土) 13:24~14:54 読売テレビ「誰だって波瀾爆笑」
関西エリアで放送されたそうで、兵庫県に住む私の母も観たそうです。
https://tvtopic.goo.ne.jp/kansai/program/ytv/26248/580696/

 
 


 cafe和甘(長谷


 2017年3月17日(金)14時 晴れ 今年28個目
 着物姿のお嬢さんと、鎌倉大仏を見に行く途中で、オムライスランチをしました。

<きっしい>★★★(オムライスの周りが盛りだくさん)
<ののか嬢> (オムライスは昔ながらのって感じの素朴な味でとっても美味しかったです!ごろっと入った鶏肉とトロトロの卵が最高でした!(*´ー`*))

 鎌倉大仏近くのオムライス!

 オムライス1188円。ジグザグに描かれたケチャップ、タマゴ包み、ケチャップライス。同じお皿に、ミニグラタンとサラダ。スープとフルーツもついてます。
 シラス丼も食べました。
 イケメンの鎌倉大仏。
 


 KITCHEN CAFE ことり亭(八王子みなみ野)


 2017年 3月16日(木)19時 晴れ 今年27個目
 
事務スタッフの皆さんと今期のお疲れさま会にきました。他の皆さんはオムライス以外を食べています。

<きっしい>★★★★ (きのこソースとタマゴが合う)

 きのこデミソースオムライス

 
柔らかタマゴときのこソース。中から黄身がサプライズ。
 私以外は、3人とも同じデザートです。
 温かみのある木の建物。
 


 カフェレストラン A Votre Sante Endo[ア ヴォートルサンテ エンドー](銀座)
 
 2017年 3月13日(月)19時 雨 今年26個目
 祝60回目の訪問。実は以前の歌舞伎座の近くの時から訪問していたお嬢さんと、きました。

<きっしい>★★★★★満点 (ケチャップと牛肉サイコロ)  
みかこ嬢歌舞伎座の近くにあった時は、古い趣を感じるシックなお店であったが、現在のお店は、窓が広く、以前よりも開放的で明るく、それはそれで居心地がよいです。
1つ目のオムライスをいただいた時、やや弾力があるフワフワ感に魅了されました。ほのかに香るバターは、質が良いものを使用していると思われます。
ケチャップは自家製で、既製品のような甘さはほとんどなく、コクがありたくさんかけたくなるようなお味でした。
2つ目のオムライスは、一口いただいて、美味しい!!と衝撃がまいりました。
牛肉のステーキを細かく切ったものが入っており、これと黒胡椒との相性がバッチリ合っていて、赤ワインがどんどん進むオムライスでした。
最後に、帰り際にシェフの奥様が、「今日は私が作ったのですがいかがでしたか?」、とおっしゃっていたのが、明るくて可愛かったです。


 赤ワインがどんどん進むオムライス!!

 夜だけメニューの、牛肉サイコロ・オムライスは、ワインの進む大人の味だそうです。
 
 2人で分けるのに、なぜか6分割に。
 月曜なのに、満席で賑わっていました。
 デザートのタルトタタン。
 銀座4丁目交差点の夜景。
 


 BSフジ「極皿~食の因数分解」

 3月11日(土)BSフジ放送、『極皿~食の因数分解 オムライス(後編)』の座談会に出演しました。「オムライスの食べ方」「オムライス進化の軌跡」を楽しく雑談しました。
3月18日(土) 、3月25日(土)に前・後編の再放送がありますので、見逃した方は是非ご覧ください!
http://www.bsfuji.tv/kiwamezara2/pub/index.html

 3人によるオムライスの座談会。漫画家、フードプランナー、ブロガー。
 きっしい持論 「オムライスの食べ方」
 進化系として、ザ・グランヴァニアの「萌えオム」、めぐろ三ツ星食堂の「お正油オムライス」、コジコジの「ホワイトスフレオムライス」を紹介しました。
 まずど真ん中からオムライスを食べ始める、金野さんの食べ方に、男性陣はびっくり。おおひなたさんのまとめのマンガです。
 


文化食堂 (名鉄名古屋)

 

 2017年3月10日(金)18時 晴れ 今年25個目
 名古屋で再会したドイツのお嬢さん二人に、オムライスをご馳走しました。

<きっしい>★★★☆ (まあまあの美味しさ)
<スベンニャ嬢> (ケッチャプの方が気になりました。オムライスはドイツ人の口に合うと思います。)
<ステファニー嬢> 
(お肉と野菜のバランスは良くて、アレンジは素敵だったと思います。ケッチャプの方は好きでした。)

 オムライスはドイツ人の口にも合う!

 オムライス 1296円。
 オムライスデミソース1296円
 4人なので、いろいろ頼めます。
 名鉄名古屋駅の上が名鉄百貨店本店。その9F。ひつまぶしと味噌カツのお店は大行列です。


 カフェレストラン A Votre Sante Endo[ア ヴォートルサンテ エンドー](銀座)
 
  2017年 3月9日(木)12時半 晴れ 今年24個目
 オムライスに関係ある会社の方々と、ランチしました。

<きっしい>★★★★★満点 (3種類とも美味しいですが、やはりケチャップが一番好き!)  
たかねさん卵のライスもとってもまろやかな、香りのよいオムライスでした。たっぷりと厚みのある卵は生クリームのコクを含み、生ゆば状のとろけるシルキー食感。中のチキンライスはしっとりとリゾット状に従順で、野菜の甘みがソースのよう。お互いの食感と温度がぴったりと一体化していて、こんなオムライス初めて!と、感激しました。
腕のあるシェフのプロお仕事でした。

<ちえさん> 実際「おいしかったぁ~!」としか言いようがないです。エンドーのオムライスは、今までに味わったことのないものでした。厳選された素材が持っている旨みや熟練の調理の腕がなせる業なのだろうと、驚くことしきりでした!)
<あゆみさん>
(お菓子のような卵の軽さと、リゾット寄りの軽いチキンライスとが絶妙でペロッと食べられてしまいました。一つひとつの食材の魅力が引き出されていて、料理って素晴らしいな!と思うようなオムライスでした。
思い出してもおいしいです。色々な方にご紹介したいお店、オムライスでした。)

 全3種類のオムライス、美味しかったです!

 こだわりのオムライスセット1620円。4人で、ケチャップ2個、トマトクリームソース、デミソースを注文しました。
 ケチャップとトマトクリームソース。
 デミソース。4人でシェアするにはオムライスを縦と横に切ります。
 
 デザートもいろんな種類頼みました。
 


 神戸元町ドリア(八王子)


   2017年3月7日(火)18時 晴れ 今年23個目
 
学内の合同企業説明会で大学にやってきたOGと、夕ご飯を食べました。

<きっしい>★★☆ (鉄板を下からコンロであぶる謎のオムライス)
<さり嬢>(焼きオムライスということであつあつを食べられるのがよかったです!オシャレだけど、リゾットとオムライスのコンビでお米&お米なのでおなか一杯になりました!)

 アツアツ鉄板のオムライス!

 オムドリアセット1393円。ケチャップ、タマゴ包み、ケチャップライス。下は火が付いたアツアツ鉄板。他の料理も含め、ちょっと首をかしげる組み合わせでした。
 接客チャンピオン・佐藤くんの接客はよかった。
 


欧風ギルドレストラン ザ・グランヴァニア(秋葉原)

 2017年3月6日(月)18時半 晴れ 今年22個目
 秋葉原のメイド喫茶に行きたがっていたスウェーデン人のお嬢さんを、連れて行きました。ここに夜くるのははじめて。

<きっしい>★★★☆ (お絵かきパフォーマンスはとても楽しい。)
<Lise嬢>(このメイド喫茶は私の思ったイメージと全然違うのだった!ハートや魔法の代わりにすごく美味しい料理が食べられた。そうして、優しいメイドのスタッフはオムライスの上に可愛い猫ちゃんを描いてくれた。可愛すぎて食べられないと思ってたがどんどん食べてきた。食べてからメイドとジェスチャークイズを一緒にやってみた。失敗したけど楽しかった!

 メイドさんのお絵かきオム!

 特製オムライス(メイドのお絵かき付き)918円。

 
 ローストビーフとビール。
 外の看板。
 

 Ajiichi味一(ダナン)

  2017年3月3日(金)12時半 晴れ 今年21個目
 
 
国際学会での発表で初ベトナム・ダナンに来ました。インタネットで調べるとオムライスを発見したので、最終日に食べに行きました。ヨーロッパや北アメリカと違って、お米の取れるアジアにはオムライスあるんですね。

<きっしい>★★★ (中華鍋で作るベトナムのオムライス)

ベトナムで出会ったオムライス!

 オムライス99,000ドン(500円)。ケチャプかけ、タマゴ包み、ケチャップライス。具は鶏肉、玉ねぎ。
 ご飯が先のとがったお米なところ以外は、日本のオムライスによく似ています。
 日本語が少し話せるベトナム人の店員さんの笑顔がステキ。
 中華鍋でオムライスを作る様子をじっくり観察しました。
 ダナンの名所・ドラゴンブリッジ。全長600m以上。夜にはライトアップされます。滞在日と重なりませんでしたが、週末には口から火を吐くそうです。
 

(c)2017/Kissy