■オムライスの歴史



明治から平成まで、100年余りのオムライスの歴史を年表にまとめました。



■オムライス年表

年号

出来事

 

明治初期

日本にオムレツが伝わる

 明治5年(1872年)精養軒(築地)創業

明治34年
1901年)

銀座 煉瓦亭で「ライスオムレツ」が誕生
 メニューに登場。ライスの入ったオムレツ。ケチャップはまだかかっていない。

 明治28年(1895年)煉瓦亭 創業
明治36年日比谷松本楼 創業

明治後半

ライスカレー、トンカツ、コロッケなどの洋食誕生

 

明治41年
1908年)

カゴメが国産のケチャップを販売
 2番目

 

大正14年
(1925)

大阪 パンヤの食堂(後の北極星)「オムライス」が誕生
 いつもオムレツとライスを頼んでいた常連客に向けてオムライスを考案。
北極星HP

 大正2年 後のレストラン吾妻 創業
 大正11年(1922年)パンヤの食堂 創業

大正15年
(1926)

家庭料理本「手軽においしく誰にも出来る支那料理と西洋料理」に「オム、ライス(卵と肉の飯)」が紹介。
味の素食の文化センターHP

 

昭和5年
(1930)

銀座三越の食堂メニューに「オムライス」が登場
 ※未取材

 昭和6年たいめいけん 創業
 昭和11年レストラン早川 創業

戦前

レストラン吾妻で「半熟オムライス」が誕生
 ケチャップライスの上にプレーンオムレツをのせ、開く

 
戦後  アメリカ文化の流入で、ケチャップが普及
 昭和25年赤坂 津つ井創業

昭和41年
1966年)

きっしいがデパートの大食堂でオムライスを始めて食す

 昭和30年〜40年代 全国に「デパート大食堂」広まる

昭和60年
1985年)

伊丹十三監督の映画「タンポポ」公開
 劇中でオープンオムライスが登場。その後日本橋・たいめいけんで「タンポポオムライス」としてメニューに。
Amazon「タンポポ」購入

 

平成8年
(1996)

HP「きっしいのオムライス大好き!?」開設

 

平成10年代前半

「半熟オムライス」がブームになる
 きっしい押しの「リゾットオムライス」はブームにならず

 

平成10年代後半

ファミレスの「オムハヤシ」がブームになる

 

平成20年代前半

メイド喫茶の「お絵かきオムライス」がブームになる

 

平成20年代後半

「スフレオムライス」「ドレスドオムライス」がブームになる

 
平成ネクスト時代  国際化  

(c)2019/Kissy