きっしいのオムライス日記(2007年8月) 7個


松下(早稲田)

 2007年8月30日(木)20時 晴れ 今年40個目
3度目の訪問。7年ぶりだったけど、お値段もオムの美味しさも同じだった。

<きっしい>★★★★☆ (シンプルだけど、ここでしか食べられない日本料理屋のオム)
<着物姿のカオリン嬢>★★★★☆
(豚の角煮が具材のしっとりごはん ふんわりトロッっと絶妙な甘みある卵
一週間煮込んだ牛の煮込みソース ご飯の味付けは角煮の煮汁のみ
ほかに味は入れない。ホントこれが美味しい。
リッゾット位のしっとりさ加減がなんだか優しく感じる。
ホッとするとろみソースもきっと和食店だし葛なんだろうな。
他じゃ出会えない大人なオムライスにまた姿勢正して会いに行きたい。

すごくきれいな白木のカウンター 若手の仕事を見ながら、味のチェックをしたり
厨房をきれいにしている松下さん すごく気持ちがいい。
有名な人なのに、俺ってすごい料理人、みたいな風も吹かさず
肩肘張らずにゆっくりしておいで、みたいな優しい空気が流れている。

緊張したり、お店の雰囲気に負けたり背伸びしなくても
安心して楽しんでっていいよって感じがすごく嬉しい。
ちゃんと、常連さんだけじゃなくても大切に扱ってくれる有名店ってないもの。)
 
目の前で手作りの日本料理店のオム!

 和食のコースの最後にオムライス。2人分を合わせて一個。パカっと広げたフワフワ卵の上に、牛スジソースがかかる。中は、豚の角煮とそのツユといっしょに炒めたご飯。お腹一杯なのに何故かペロッ食べれてしまう。最後にお皿のご飯粒も拾って食べちゃいました。
カウンターは貸切状態だったので、厨房の方々にいろいろ質問しながらお食事。日本料理屋の良さですね。お会計は2人で24000円。
オムライスの出来るまで。


プクプク亭(日吉)

2007年8月28日(火)20時半 雷雨 今年39個目
 16回目の訪問。元住吉の会社寮に住んでるお嬢さん2人を連れて。雷雨で食事中に1分停電した。

<きっしい>★★★★ (料理は美味しく、お店の方との会話も楽しい!)
<カタオカ嬢>★★★★ (初めてのビシソワーズ、とっても美味しかったです!きっしいさんの毎回味が変わる、というところに探検したい意味をこめて、★1つ分、残しときました。ハンバーグは★5つ行けるほどでしたが!)
<タケダ嬢>★★★★☆ (ビシソワーズは初チャレンジ。甘いけれども、お芋さんの味がとても強調されていて本当に美味しかった。どの料理も美味しかったのですが、特にハンバーグの肉汁には感動を覚えました!)
 
今日のビシソワーズはポテト味が強い!

 デミオムライス、カニクリームコロッケ、ハンバーグを注文。ビシソワーズはセットで。お会計は3人で8030円。
ビシソワーズは飲む度に味が違う。今日はポテト味が強い。マスター談「同じレシピで作っても、その時の素材によって味が違っちゃうんですよ」。手作りならではの良さ。
雷で空がピカピカ光る中、日吉駅で10分位待ってタクシー。運転手さんが昔からのプクプク亭の常連らしく、「マスターがパチンコ好きで〜」とか教えてくれる(笑)。いつもは賑わっている店内が雷のせいか貸切。おかげで、厨房を覗かせてもらったり、ご主人夫婦に、TV白い巨塔の撮影で使われた時の話とか聞かせてもらいました。
今日までにプクプク亭にお連れしたお客さんは23人!


サガン(綱島)

2007年8月15日(水)13時 晴れ暑い 今年38個目
 ランチに会社の隣の駅までお出かけ。BBSでちーげるさんに紹介された人気の喫茶店へ。

<きっしい>★★★ (良くあるオムハヤシ。ランチはいろいろ付いてお得感たっぷり
 
綱島のいろいろ付いたオムハヤシ!

 オムハヤシランチ880円(スープ、サラダ、シャーベット、ソフトドリンク付き)。いろいろ付いてランチのお得感たっぷり☆ちょっと酸っぱめハヤシソース、フワフワ卵、白いフライドライス。
オムライスは14時以降、セットで950円。
駅の改札から1分、2Fにある昔ながらの喫茶店。大きな窓が明るくて居心地も良い。新聞も雑誌もいろいろ。横浜の最高気温は34℃、帽子かぶって行きました。


レストラン キリン(新潟)

2007年8月14日(火)11時半 晴れ 今年37個目
  『オム47都道府県制覇への道!』の第8弾は新潟県オムを目指して、上越新幹線「とき」で新潟へ。最高気温34℃。

<きっしい>★★★ (オムはとても美味しい★★★★が、お店の姿勢には疑問)
<郁子>★★ (でっかい鶏のゴロゴロ入ったオムライス。お店はユニーク)
 
新潟タウン誌が第1位に選んだオム!

 オムライス1200円〔2名様よりお作り致します〕。オムはかなり大きい。10日間じっくりと煮込まれたデミソースは美味い、1mmの薄焼きタマゴ、中はチキンライスでご飯がとっても美味しい☆、具はでっかい鶏肉ゴロゴロとピーマン。+300円で付くサラダとアイスコーヒーとも合います、両方懐かしい味。が、お皿のデザインはいまいち。最後は1/3残った妻のオムを食べ切ってお腹一杯!
お会計の時に、「何故オムライスは2名以上なのですか?」を聞いたところ、「ハヤシライスとかと比べると調理に時間が掛かるので、他のお客さんに迷惑が掛かるので」とのシェフの回答。でも、後から来た独り男性客は混んでもいないのにオムライス頼んで断られていた。(きっしい夫婦も最初の客なのに、2人前でないと駄目と断られた、まあそれはいいとして)。私的には気に入らないお店の姿勢でした。
「電話頂けたら、オムライス一個でも。。。」とシェフが言っていたので、一人で行かれる方は先にお電話を。


レストラン モア(両国)

07年8月12日(日)11時半 晴れ 今年36個目
 江戸東京博物館の「大鉄道博覧会」を見た後に、ランチしました。

<きっしい>★★ (大食堂のよく有るオム、ハヤシは美味しい)
<郁子>★★☆ (卵はトロトロですが印象に残らないオムライスです)
 
モア風オムライス840円。ハヤシソース、半熟卵、フライドライスとのことですが普通のご飯みたい。ハヤシライスのおまけに卵がついた感じ。
あと、深川丼840円を注文。
外観は一見オシャレっぽいですが、内装もサービスも大食堂です。家族連れで賑わっていました。食券を買って席に着きます。窓際の席は、明るいけど暑かった。
1Fの『東京モダン食堂』はオムライスやっていません。


洋食 大かわ(土浦)

2007年8月11日(土)11時 晴れ 今年35個目
  『オム47都道府県制覇への道!』の第7弾は茨城県オムを目指して。上野から常磐線E531系グリーン車で土浦へ77分。

<きっしい>★★★ (素朴な昔風のオム。味付けは少々濃い目) 
<郁子>★★★ (オーソドックスなオムライス。付合わせのコールスローも美味しい)
 
土浦のオムは素朴な昔風!

 オムライス750円、味噌汁付き。5mmの厚焼き卵にたっぷりケチャップ。中は炒めたてのケチャップライス。具はたっぷりハムとタマネギ。やや味付け濃い目の素朴な昔風の味。付合わせにキャベツとニンジンのコールスローが載る。細かく切られた豆腐の入った味噌汁も懐かしい味。
ハンバーグ840円+ライス200円。デミソースが美味かった☆、ご飯お替りしてデミと絡めながら最後までソース食べました。
今年1番の暑さ、気温35度ぐらい。汗をカキカキ、駅直結のイトーヨーカドーを通り抜けて徒歩6分。車通りから1本入った角にあります。店内テーブル6つ。奥でお持ち帰り用の洋食弁当を作ってました。美味しそうだった。
お店はご夫婦2人で切り盛りしていて、今日は娘2人が手伝っていたもよう。コックの旦那と接客の奥さん、地元に愛される洋食やさんという雰囲気が伝わってきます。「また寄ってください」と言われると嬉しい。

暑いのでそのまま帰りの電車へ、”オムを食べるためだけに土浦まで”。
常磐線E531系はグリーン車、普通車ともセンスの良い内装で、「のぞみN700系も見習いなさい」と妻談。


プレディ[Pre De'](下丸子) 

2007年8月1日(水)20時 晴れ 今年34個目
 下丸子初のファミレス。オープン2日目の夜に行きました。
   
<きっしい>★★★  (ファミレスにしては美味しい、とろりチーズ)
<郁子>★★★ (580円でこの味ならば満足)
とろ〜り卵とチーズのオム!

 とろ〜り卵とチーズのオムライス580円。量少な目のライスプレート。甘いデミソース、半熟タマゴの中にとろりチーズ、トマト炊き込みご飯。ソース頼みになりがちなファミレスのオムライスの中で、まっとうに作っています。
メニューによると、432kcal 塩分3.2g 脂質18.5g 食物繊維1.0g。
下丸子初のファミレス。オープン2日目の夜に行きました。8人待ち。接客がちゃんとしていて妻も満足。お替り自由の石窯パンとお替り自由のソフトドリンク(持ってきてくれる)がオススメ。


(c)2007 Kissy