■初台



ツヴァイ ヘルツェン(初台)

【値 段 】 おまかせコースで5000円から
【 タイプ 】 自家製ケチャップかけ
【アクセス】 地下鉄・初台駅→徒歩3分(東京オペラシティの裏)
【営業時間】 18時〜23時頃
【定休日 】 月休
【住 所 】 渋谷区本町1-54-4
【電 話 】 03(3377)7902 要予約
【雑誌紹介】 「ご主人がヨーロッパを旅して覚えたという料理は、一切の市販品を使わない、丹念に手間がかけられた真実の味」 味の手帳3月号58ページ
●マスコミ登場 週間現代('00.4月)で森脇慶子(フードジャナリスト)が推薦 オムライス1000円
【きっしい食べ歩記】
 98年2月26日(木)19時 晴れ
人間グルメマップ・牧元さんに連れて行ってもらった常連客向けのお店。掘りコタツ状のカウンターで、ご主人夫婦と面しながら、味わう料理は真剣勝負。客を選ぶ気難しいご主人の作る料理は真実の味。まさに、漫画”美味しんぼう”の世界である。この日食べたのは、オードブル(合鴨薫製、ニシン、鴨の肝の薫製、干し肉スイス風)、カニコロッケ、ポテトサラダ、トマトコンソメ、タルタルステーキ、ネギピザ、オムライス。ここの料理を食べてしまうと、今まで自分が食べてきたものが”まがい物”であることを思い知らされる。オムライスのケチャップは自家製。タマゴは、地鶏の有精卵を1mmの厚さで焼く。中のライスはリゾット風。ご飯は、鴨が除草する無農薬米。いっしょに炒めるトマトソースも自家製。具は鶏挽肉、椎茸、タマネギ。マイルドな自然の味。しかし、敷居は高い、常連の紹介でないとツライでしょう。お勘定は、ワイン1本を含めて二人で14000円。

<きっしい評価>★★★★★満点(まさに”美味んぼう”の世界、敷居は高い) 
<牧本さん評価>★★★★★満点(真実のオムライス)
コースの最後に出されるオムライス(単品はお断り)。2人分です。
ツヴァイのオムライス路地裏にひっそりとある。予約客のみ。


CASA東京オペラシティ店(初台) オムライス880円

タイプ   :正統派
アクセス :京王新線初台駅→徒歩3分(東京オペラシティビル1F)
営業時間:8時〜22時30分L.O.
定休日  :無休
住  所 :新宿区西新宿3-20-2東京オペラシティビル1F
電  話 :03−5353−0274
支  店 :新大久保店、池袋西武店
紹  介 :ぴあランキングルメ97位。ファミリーレストラン。ヨード卵を3個使ったオムライスはヘルシーな上にボリュームも。
きっしい食べ歩記:
 97年10月13日(月)晴れ 21時
 オペラ「建TAKERU」を2幕見た後、食べに行った。高層ビル東京オペラシティの1Fにある都会風ファミレスです。セゾンの経営らしい。ビジネスビルなので、居酒屋メニューもとり揃っており、隣のテーブルではおじさん達が盛り上がっていた。でも、OL2人組とかもいるので女性でもOK。白い皿に、タップリ野菜といっしょに盛られたオムライスは正統派で美味しそう。でも、ファミレスなので、レンジでチンなのが残念。タマゴはフワフワ、中のケチャップライスもご飯粒が崩れていなくてキレイ。具はグリンピースとハム。
チンの割に、味は大変良いのです。
<きっしい評価>★★★(レンジでチンした割に、味付けはしっかりしている) <郁子評価>★★★(卵がフワフワしていておいしい)
CASAのオムライス見た目はヘルシーそうで女性好み。レンジでチンなのはしょうがないか。
CASAの外観カッチョイイ風のファミレス。でも、居酒屋メニューもある。


(c)1997-2000 Kissy